倖せ者の不倖

  • 2016.10.01 Saturday
  • 01:00
夜風はもう心地よいを通り越して鳥肌を誘うけれど
解放された安堵感で、満ちていて
遠い家までの道程も、歩いてみようという気になった。



居心地の好い人と共に過ごして
数時間前までの恐怖感も、すっかり落ち着いた

1人になったら、またぼんやりと思い起こすけれど
大丈夫、まだ大丈夫だから。


温もりのある場所が必ずしも好ましいとは言えないよね。成長が止まっている感覚、これ以上にはなれないという漠然とした未来予想。それはとても哀しいことだから



だからこそ選んだ。自分にとって困難な道を。ただ、それが想像以上に酷な世界だっただけ。


こんなもんで諦めないよ。
まだまだ絶望ではないよ。

そう、言い聞かせて歩みを速める。


後悔なんてしないよ
してはいけないことだから
弱音は自分の耳にだけ届けばいいの。


聞いて欲しくなる夜もあるけど
自分の不出来からくる不安など、恐怖など、絶望など。話したところで何の実も生まれないから。


抱えていればいいんだそんなものは。
あたしの鬱憤も虚無も悲哀も、あたしが原因なんだから。



薬は効かないし、効かせるつもりも無いんだよ。罪深い存在なんだから、これ位抱えないと示しがつかないでしょう?


どんなにあたしが望んだところで
心臓は止まらないし、事故にも事件にも巻き込まれない。平穏無事に過ぎる世界、ああ、いたぶられている。




人を苦しめることがあたしの役割なの?



戻りたい過去も無ければ
望む未来も無くなってしまった。



君にあげたかった。
君に居て欲しかった。
あたしはあたしの身体も時間も、うまく使いこなせそうにないから。



夜風は身体を冷やすけれど、
夜道は全くもって安全だ。
家に帰ればさらなる安心と、温度がある。




その事実だけで、押し潰される。

スポンサーサイト

  • 2020.07.26 Sunday
  • 01:00
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM